万病のもと!血糖値を下げる方法ガイド

おすすめはどれ?血糖値ケアに人気のサプリメント成分ランキング 運動する時間がない…、食べ物の好き嫌いが多い、そんな人には、サプリメントでも取れる栄養成分をチェック!
ランキング結果はこちら

知らないと怖い血糖値の事実

漠然と血液中の血糖量のことだとは知っていても、そのメカニズムまではなかなか把握しきれない方も多い「血糖値」。

血糖値ケアを始める前に、まずは血糖値に関する正しい知識を身につけましょう。

正常値はどれくらいなのか

血糖値のイメージ画像血糖値の正常値は、一般的に70~110mg/dlとされています。

ただし、検査をするタイミングによって数値は大きく変化するため、注意が必要です。とくに、食後の45~60分は血糖値がピークとなり、場合によっては140mg/dl近くになることも。

空腹時の正常値は80~110mg/dl未満、食後2時間程度の正常値は80~140mg/dl未満と考えておきましょう。

血糖値は食べるたびに上昇する

食べ過ぎの人のイメージ画像血糖値は、毎食ごと・間食時にも上昇します。そのため、1日3食きちんと食べていると血糖値が上がり続けるのでは?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

しかし、私たちの体内ではインスリンが分泌されています。食後に上がった血糖値を、2時間程度で正常値にまで下げる働きをします。一日の生活の中で、血糖値は大きく波打っているのが正常だといえるのです。

ただし、このインスリンが正常に分泌されず、上昇した血糖値が下がらなくなることも。この状態を糖尿病と言い、適切な治療が必要となってきます。

カロリーの高い食べ物が血糖値を上げるとは限らない

炭水化物のイメージ画像多くの方の誤解を招いているのが、カロリーの高い食べ物が血糖値を上げているというもの。ある程度の相関関係にはありますが、完全に数値が比例するわけではありません。

カロリーの高い食べ物の中でも、すぐにエネルギーに代わるご飯やパン、麺類、砂糖といった炭水化物は、血糖値を上げやすいといわれています。

逆に高カロリーであっても、肉や魚などはタンパク質中心であるため、エネルギーになるまでに時間がかかります。よって、カロリーの高い食べ物のすべてが急激な血糖値上昇につながるわけではないのです。

血糖値が高いとどうなるか

病気に苦しむ男性血糖値の高い状態が続くことで、血管系の病気にかかりやすくなります。

血管の中で詰まりを起こす「動脈瘤」や、血管の壁が固くなる「動脈硬化」などがその一例。これらは悪化することで、心筋梗塞や脳梗塞、狭心症など、命にかかわる病気を発症する危険性もあります。

また、高血糖は糖尿病の原因としても指摘されています。遺伝性によるもの以外の多くは、過食や運動不足などの生活習慣による高血糖が引き金になっていると言われています。

自分でできる血糖値の上昇をケアする方法とは

高血糖を放置すると糖尿病や色々な合併症になる恐れがあるので、そうなる前に血糖値を下げることが重要です。

血糖値のケアには、どんな方法があるのでしょうか?

時間に余裕のある人におすすめ!
「運動」

血糖値の上昇をケアする方法「運動」

血糖値を下げる方法には食事療法、薬物療法、運動などがありますが、一番簡単にできるのは運動療法です。

運動には有酸素運動と筋肉や筋力を増加させる無酸素運動がありますが、糖尿病に効果的なのは継続的な有酸素運動です。

有酸素運動を行うことによって、糖質、脂質がエネルギーとして消費され、インスリンの働きも改善されるため血糖値が下がるのです。

また、心肺機能の向上、体力保持、ストレス解消ができるだけでなく、高血圧、コレステロール、中性脂肪値の改善や肥満解消にもなるので、成人病の予防にも効果的です。

家族の協力は必須!?
「食事改善」

血糖値の上昇をケアする方法「食事改善」

血糖値が高いと言われたら、まず血糖値を下げることを考える必要がありますが、そのためにやるべき方法の1つは食事療法です。

血糖値を上げるのは糖質なので、できるだけお米、麺類、イモ類を制限します。

他にも、小麦粉などの粉類、かぼちゃ、ニンジンなどの野菜類、ケチャップ、さとうなどの調味料、菓、酒、牛乳、ジュースなどの飲料などの血糖値を上げる食品も控えた食生活をする必要があります。

葉物野菜、魚介類、オリーブオイル、大豆などの血糖値を下げる食品を加えると更に効果的です。

タバコや睡眠不足などはNG!
「生活習慣の改善」

血糖値の上昇をケアする方法「生活習慣の改善」

忙しい現代では食事をファーストフードで済ましたり栄養が偏った食事をする人が増え、睡眠を十分にとらなかったり、運動不足の人も多く「糖尿病予備軍」の人も沢山います。

血糖値を下げるためには、十分な睡眠時間をとる、ストレスをためない、喫煙をやめる、禁酒するなどして、生活習慣を見直すことが重要です。

「飲むだけ」の手軽さが魅力
「サプリメント」

血糖値の上昇をケアする方法「サプリメント」

忙しくて接待の多いビジネスマン、運動する時間のない方、めんどくさがりの方など食事制限や生活習慣改善をすることが難しい方達でも、有効成分をバランスよく摂取することができます。

血糖ケアに効果的な成分には、サポニン、マグネシウム、亜鉛、ポリフェノール、ビタミンB群、カリウム、DHA・EPA、カテキン、サラシア(コタラヒム)、食物繊維(難消化性デキストリン)などがあります。

手軽なサプリメントで日頃からのケアを!

忙しくてなかなか運動や食事療法ができないという方は多いと思いますが、続けやすさとお手軽度でいえば、サプリメントがおすすめです。

こちら↓では、おすすめのサプリメント成分について紹介しています。

血糖値ケアにおすすめのサプリメント成分BEST5はこちら

血糖値とは?健康への影響について

血糖値とは?健康への影響について

血糖とは血液に含まれるブドウ糖のことで、血糖値は血液中に含まれる血糖の量を表します。

食事によって摂取された栄養素中の糖質は消化酵素によって分解され、ブドウ糖となって小腸で吸収され、血液によって全身に運ばれます。そのため食事をするたびに血糖値はあがります。

このブドウ糖のうち、すぐにエネルギーとなるもの以外は、グリコーゲンとして肝臓や筋肉組織に貯えられ、また中性脂肪として脂肪組織に貯えられます。

エネルギーとして血糖が消費されると血糖値は下がりますが、貯蔵されたグリコーゲンが分解されて血液中に放出されるので、血糖値は一定値以上に保たれます。

長期に高血糖が続くと血液が固まりやすくなるので毛細血管が詰まったり、コレステロールが血管壁に付着しやすくなって動脈硬化を進行させます。

逆に「低血糖」とは、血液中のブドウ糖が少ない状態で、血糖値が60~70㎎/dL以下の場合をさします。

このサイトについて

このサイトでは血糖値について解説し、血糖値を下げる方法、血糖値をケアする成分とおススメサプリメント、高血糖が原因で起こる病気などについて紹介していますので、血糖値で悩んでいる方に、ぜひ参考にしていただきたいです。
個人が収集した情報ですので、急を要する場合や体調がすぐれない時は、早めに医師に相談してくださいね。

ページの先頭へ